Antwerp > Antwerp Brilliantについて > 世界最高峰のダイヤモンドカッター
世界最高峰のダイヤモンドカッター

ダイヤモンドの原石は、熟練した職人によってカットされ、はじめて輝きを放ちます。
たとえ最高品質のダイヤモンドの原石だとしても、カットによって、ダイヤモンドが本来持つ輝きを表現できない場合もあるのです。言い換えれば、最高のダイヤモンド原石を、最高のカッターがカットしたダイヤモンドは、最大限の輝きを放ち、人を魅了します。

フィリッペンス・ベルト氏

そこでANTWERP BRILLIANTでは、ダイヤモンド研磨発祥の地ベルギーのアントワープにあって、現在最も熟練した研磨職人の一人で、ラウンドカットのトリプルエクセレントの分野で天才と称される「フィリッペンス・ベルト氏」を専属カッターとして指名しました。

ベルト氏なくしては、このブランドは誕生しなかったといっても過言ではありません。

ベルト氏は、ベルギー品質の高さを世界に印象付け、1993年にはエクセレントカットの人気を不動のものにした「ハート&キューピット」の研磨に成功、研磨業界に新しい常識を作り出しました。現在までにトリプルエクセレント、ハート&キューピットのダイヤモンドを数多く研磨した経歴を持つ凄腕の現役ダイヤモンドカッターなのです。

フィリッペンス・ベルト氏率いる研磨チームは、現在までに約500万個以上のダイヤモンドを研磨し、0.15ct以上のサイズにおいて世界最高クラスの研磨レベルを誇っています。

フィリッペンス・ベルト氏だけの特別な輝きをお選びください。

①ラウンドブリリアント・エクセレントカット

フィリッペンス・ベルト氏が最も得意とするカット、1990年にベルト氏が達成したエクセレントカットを元に1993年に完成したラウンドカットの最高峰。正面からは天使の矢がパビリオンサイドからはハートが8個出現します。

②アントワープブリリアント

2013年カッターズブランド「アントワープブリリアント」のアイデンティイティカットとして誕生したシンボリックなダイヤモンド。通常の3倍ものパビリオンファセットから反射される光はキラキラと特別な輝きをお楽しみいただけます。

philippens herbert(フィリッペンス・ベルト)

1477年、ブルゴーニュ公国から続く「ダイヤモンドをダイヤモンドで磨く」革新的な研磨法のスピリッツを受け継ぐ数少ないダイヤモンドカッターの一人、 ダイヤモンド研磨の分野で天才と称される彼は、10代でダイヤモンドカッターの道を志し、通常困難とされたダイヤモンド研磨における様々な分野を、人並み外れた速度で取得していきます。

その才能が当時の工場長の目に留まり、1990年にダイヤモンドのアイディアル・メイク、現在のエクセレントカットの開発チームでリーダーとして選出されると、ダイヤモンドのカットグレードにおいて「Very Good以上」が極端に難しいとされていた90年代に次々とエクセレントカットを成功させ、現在のスタンダード化への大きな足掛かりとします。

その働きはベルギー研磨技術と品質の高さを世界に印象付け、1993年には、エクセレントカットの人気を不動のものにした「ハート&キューピッド」の研磨も成功させます。
この発見はダイヤモンド研磨業界の新しい常識となり、現在もカットグレードの最高品位とされています。

このほかにも、フィリッペンス・ベルト氏は大手サイトホルダーからの依頼でこれまでに10種もの特殊カットを専属で研磨しており、現在現役の最も注目のダイヤモンドカッターなのです。

1960
ベルギー生まれ

8月29日ベルギーのケンペンに生まれる

1979
さまざまなダイヤモンド研磨のプロジェクトに参加

兄弟でダイヤモンドの研磨をスタート、さまざまなダイヤモンド研磨のプロジェクトに参加をはじめる。

1988
大手サイトホルダーの研磨工場長に任命

研磨技術と指導力を評価され、大手サイトホルダーの研磨工場長となる。
約2000名の研磨工の中から、エクセレントカット開発のTopチームにリーダーとして抜擢される。

1990
アントワープでエクセレントカットを達成

量産体制の確立に貢献
自身の研磨会社を設立し独立する。

1993
日本向けエクセレントカットダイヤモンドの研磨を開始

ハート&キューピッドの研磨を達成し、ベルギー品質の高さを不動のものにする。

1999
特殊カットの開発を始める
2002
ユーロスターの研磨を開始

研磨済ダイヤモンド原石の取扱い世界最大のサイトホルダー、ユーロスターの研磨を開始。
これまでに10種類以上の特殊カット研摩を担当する。

2013
ANTWERP BRILLIANTダイヤモンドの研磨に成功

カッターズブランド ANTWERP BRILLIANTの専属カッターとなる


ページの先頭へ