Antwerp > Antwerp Brilliantについて > 日本初のデビアス鑑定
日本初のデビアス鑑定

グレーディングレポート(鑑定書)

ANTWERP BRILLIANTのダイヤモンドに発行されるダイヤモンドグレーディングレポート(鑑定書)は、デビアス・グループのダイヤモンド専門の鑑定機関「IIDGR(International Institute of Diamond Grading & Research)」から発行されます。

IIDGRの鑑定書が発行されるのは、日本ではANTWERP BRILLIANTが初めてです。

IIDGR_Logo_BLACK

IIDGRは、世界基準のダイヤモンド評価と専門的な取り組みに正確性を備えており、ダイヤモンドの評価、鑑定及びカットにおいて古くから世界中のエキスパートたちが集まる「ベルギー・アントワープ」にラボトリーを構えます。

IIDGRでは、120年以上にわたるダイヤモンドの専門知識、ならびに最先端の鑑定技術を活用し、あらゆるサイズと品質のダイヤモンドを評価しています。
評価システムは国際監査機関SocieteGenerale de Surveillance(SGS)より認可が与えられており、世界でも限られたダイヤモンドにしか発行されていません。

ガードル(デビアスグループの鑑定ダイヤモンドに与えられるナンバーです)に、ダイヤモンドの個体ナンバーをレーザーで刻印する事で、従来供給者の倫理観に頼ってしか担保出来なかった鑑定書とダイヤモンドの完全な一致とコンプライアンスを実現しています。

ANTWERP BRILLIANTでは、キンバリープロセスを完全に担保したデビアス・グループの鉱山から供給された高品質なダイヤモンドを厳選しております。

ワールドダイヤモンドカウンシル・キンバリープロセス インスクリプション ナンバー

ANNTWERPBRILLIANTのすべてのダイヤモンドは国際連合により義務付けられた、ワールド・ダイヤモンド・カウンシル(World Diamond Council)のキンバリープロセスに準拠しているダイヤモンドだけを鑑定し、与えられたインスクリプションナンバーをダイヤモンドのガードル部分に刻印しています。これにより、鑑定書とダイヤモンドの完全な一致を実現しています。
※ラウンドカットにも刻印が入ります。

デビアスグループでは厳格な厳しいルールに従って、正当で倫理的に環境保全や社会貢献可能な取引を実現しています。
環境保全の視点では、原産国の採掘後の鉱山地帯をきちんと植樹して森に戻す緑地化の取り組みや、子育てから教育、病院や道路まで大規模な生活インフラの整備、雇用の創出など、限られた資源を大切にし、ダイヤモンドビジネスを通じて社会貢献できるように取り組んでいます。

キンバリープロセスとは


ページの先頭へ